他院で骨が足りないといわれた方へ

他院で骨が足りないといわれた方へ

失った歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療の一種である「インプラント治療」は、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋入してその上に人工歯を固定する治療法なので、基本的に骨の量が足りないと適用できません。しかし、京浜急行「横須賀中央駅」徒歩4分、長島デンタルクリニックでは、骨量が足りない患者さまに対するさまざまな治療法をご提供しています。

他院で「骨が足りない」と断られた患者さまも、当院なら治療できる可能性があります。インプラント治療を諦める前に、まずはご相談ください。

骨が足りない患者さまへの治療法

埋入と同時に骨量を確保する「ソケットリフト」

上顎の上には「上顎洞(サイナス)」と呼ばれる空洞があります。骨の厚みが足りないと上顎洞までインプラントが突き抜けてしまい、しっかりと固定することができません。「ソケットリフト」はインプラントを埋入する際、その穴から上顎洞底の膜を押し上げ、その空間に人工骨を入れて骨の厚みを確保する治療法です。

埋入と同時に骨量を確保する「ソケットリフト」

ソケットリフトのメリット
  • インプラントを埋入する穴を利用するので、傷口が小さい
  • 埋入と骨量確保が同時にできるので、治療期間が短縮できる
  • 術後の腫れや痛みがあまりない

以前はこの方法だと場合によっては手術時間が長くなくなり、骨を槌打する必要があるなど、患者さまに不快感を与える可能性がありましたが、現在ではその必要がない「SCA.X ESL」を導入。患者さまの負担を抑えつつこの治療がご提供可能になりました。

当院では短期間で骨と強固に結合する「HAインプラント」を採用しており、骨の厚みが1ミリ程度しかない患者さまにもソケットリフトが適用可能です。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

上顎洞が大きくさらに骨量が大きく不足しており、ソケットリフトでは対応できない患者さまに対する治療法です。歯肉を切開してサイナスにアプローチし、底の粘膜を押し上げて人工骨などを注入。骨の再生を待って、インプラントを埋入します。

十分に再生するには半年から8か月程度かかるため治療期間が長くなりますが、適用範囲が広く、患者さまの選択肢を広げてくれる治療法です。

再生療法について

再生療法とは

顎の骨(歯槽骨)の厚みは、咬む刺激がバランスよく伝わることで確保されています。そのため、入れ歯を使用していたり抜けた歯を放置していたりすると徐々に骨が痩せていきます。また、重度の歯周病による歯茎の炎症で顎の骨を含む歯周組織が溶かされ、インプラントが埋入できなくなるケースも少なくありません。

歯肉や顎の骨などの歯周組織を、外科手術によって回復させる治療法を「再生療法」といいます。

身体本来の回復力を活用する「フィブリンゲル」

身体本来の回復力を活用する「フィブリンゲル」

当院では、患者さまご本人の血液からつくった「完全自己血由来フィブリンゲル」をインプラント治療に用いています。このゲルはインプラント治療前に血液を採取し、遠心分離機にかけてその場でおつくりするのでとても安全な物質です。CGF(Concentrated Growth Factors:濃縮成長因子)やAFG(Autologous Fibrinogen Glue:抗凝固剤を含まない血漿)が豊富に含まれており、ケガを治そうとする身体本来の力が治癒を早めてくれるのです。

当院では骨が足りない部分に充填したり膜状にして骨をおおったりすることで、骨の再生や治癒を促しています。

多様な選択肢で治療の可能性を広げます当院のインプラント技術はこちら

自分の歯のような咬み心地を取り戻せます診療予約はこちら