即時抜歯埋入の流れ

即時抜歯埋入とは

抜歯即時埋入とは抜歯と同時にインプラントを埋入する方法です。

1.術前

40代女性です。右上1番の歯が動いて、上手に食事ができないということで来院されました。
CT診断で歯の根が破折しており、歯を残すことはできないことを伝えました。
抜歯後入れ歯は希望せず、インプラントまたはブリッジについてそれぞれの長所と欠点について説明したところ、インプラントを希望されたため、スプラインHAインプラントで抜歯即時埋入を選択しました。
静脈内鎮静法は用いず、通常の局部麻酔で行いました。

1.術前

術前の口腔内写真です。
上の前歯のインプラント治療です。患者さまのQOLを下げないようにするために短期間で治療を終えることが大事です。

CTによる術前のインプラントシュミレーション画像

これはCTによる術前のインプラントシュミレーションです。
インプラント埋入予定部位の骨の太さ、長さ等からCTに登録済みのインプラントから最適なインプラントを選択し、重ね合わせます。(紺色の棒状したものがインプラントを表しています。抜歯即時埋入インプラント手術ですから、直径3.75ミリ、長さ13ミリのスプラインHAインプラントを使用することにしました。)

ここでCT画像で確認すべき点はさまざまありますが、基本的な点としては

  1. 1. 骨の厚さ(黄色い2つの矢印にはさまれた部分)とインプラントの太さのバランスは的確か
  2. 2. 頬側の骨(赤い丸の部分)と舌側の骨(青い丸の部分)の形状の確認
  3. 3. 抜歯予定歯の歯根の形状
  4. 4. 気になる画像の存在

等を診査診断します。これを患者様とカウンセリングルームでご一緒に画面を見ながらわかりやすく御説明いたします。

2.インプラント1次手術

インプラント埋入

抜歯即時埋入ですので、通常のインプラント手術と異なり歯肉は切開いたしません。切開しないので術後の痛みがほとんどありません。
インプラント手術中は10倍の拡大鏡下で抜歯後インプラントの結合を妨げる歯根破折周辺の不良肉芽並びに炎症部分を掻爬します。
CT診断で使用予定のスプラインHAインプラントのサイズに合わせてインプラント窩を所定のドリルを用いて形成したあとインプラントを埋入し、インプラントの周囲には人工骨を填入します。

  • インプラント埋入

    周りの歯肉を傷つけないよう丁寧に抜歯します。感染を防ぐため、抜歯窩を時間をかけ掻爬します。

  • インプラント埋入

    インプラントを埋入するため、インプラント窩を5種類のドリルで形成します。

  • インプラント埋入

    スプラインHAインプラントを埋入します。

  • インプラント埋入

    骨の再生を促すようインプラントの周りに人工骨を充填します。(矢印の部分)

インプラント埋入直後のCT画像

インプラント埋入直後のCT画像です。
頬側の骨(赤い丸の部分)と舌側の骨(青い丸の部分)のほぼ中央部分にインプラントが埋入できたのがわかります。
当クリニックでは術中や術後に必ずCTを撮影しています。この点がCT完備しているクリニックの優位の点だと考えています。

この埋入直後のCT画像で

  • 1. インプラントの埋入角度、深さ
  • 2. インプラントの周囲の骨の厚みは十分確保されているか

等が術前の治療計画通りにおこなわれているか確認してから、インプラント手術を終了します。

仮歯(プロビジョナル)の装着

インプラント埋入後、あらかじめ作製しておいた仮歯をインプラント窩に装着します。
通常抜歯をしてインプラントを埋入したため、縫合すると思われると思いますが、自然な仕上がりにするために審美領域(前歯の部分)では縫合いたしません。
縫合すると歯肉の形が崩れるからです。
このままインプラントが骨と結合するまでの3ヵ月間(個体差があります)待ちます。

  • 仮歯(プロビジョナル)の装着

    前側の部分です。
    前もって歯型をとり作製しておきますので、インプラント手術後その日のうちに仮歯が入ります。

  • 仮歯(プロビジョナル)の装着

    裏側の部分です。
    インプラントを埋入した両側の歯の裏側にワイヤーを通してありますので外れにくい構造になっています。

3.インプラント2次手術

インプラント埋入3ヶ月後 インプラントと骨がしっかりと結合していることをぺリオテスターという装置で確認します。
ぺリオテスターで数値が0~マイナス7までの数値が表示されれば、被せ物を入れるための型どりを行います。
個人差がありまして、万が一上記の数値が表示されない場合には、もうすこしお待ちいただきます。

4.インプラントの上部構造装着

インプラントの被せ物の材質はジルコニアセラミックまたはオールセラミックが使われます。
特にジルコニアセラミックは大変強度がありプラークがほとんど付着せず、生体親和性にも優れています。

インプラントの上部構造装着

抜歯即時埋入の利点は歯肉を切開しないため、歯肉の形状が抜歯前と比較しても変化せず、審美性に優れた上部構造を作ることができます。

京浜急行 横須賀中央駅から徒歩4分院内紹介・アクセスはこちら

自分の歯のような咬み心地を取り戻せます診療予約はこちら