症例・実績紹介

多くの方が、あの咬み心地を取り戻しています

「インプラント治療」は歯を失った際に行う補綴(ほてつ)治療の一種。京浜急行「横須賀中央駅」徒歩4分、長島デンタルクリニックでは、10年間で3,500本以上のインプラント症例を扱ってまいりました。こちらでは当院の症例・実績をご紹介します。治療前後の写真も掲載しておりますので、治療をご検討中の方は参考にしてください。

当院の実績

当院を運営する長島デンタルクリニックの院長は、Zimmer dental spline implant 公認インストラクターです。豊富な実績に基づく技術力を生かし、負担が少ない治療法を多くの患者さまや歯科医師にご提供しています。

症例実績多数!豊富な経験と確かな技術力

症例実績多数!豊富な経験と確かな技術力

当院では10年間で多数のンプラント治療を行い、多くの患者さまにおよろこびいただいています。豊富な経験に裏づけられた確かな技術力で、患者さまのお口の健康を取り戻します。

手術回数と患者さまの負担を減らす「HAインプラント」を採用

手術回数と患者さまの負担を減らす「HAインプラント」を採用

当院では、インプラント(人工歯根)のチタン表面にハイドロキシアパタイト(人体の歯や骨の主成分)をコーティングした「HAインプラント」を採用しています。これにより生体親和性がさらに高められ、短期間で骨との強固な結合が得られるようになりました。これまで別途骨形成の手術が必要だった症例でも、抜歯即時埋入が可能となり、手術回数を減らすことに成功。患者さまの負担軽減に貢献しています。

セミナーや出張オペで他の歯科医師へインプラントを指導

セミナーや出張オペで他の歯科医師へインプラントを指導

院長は国際インプラント学会(AIAI)や日本顎咬合学会の認定医でもあり、定期的に講演会やセミナーを行っています。そこで知り合った歯科医師の医院に出向き、オペの技術指導をすることも。「インプラントジャーナル」などの雑誌に臨床例などを寄稿することもあり、プロからも厚い信頼を寄せられる歯科医師です。

インプラント症例紹介

症例1
治療内容 50代男性。他医院よりインプラント治療を依頼されました。
歯が動いて噛めない、気になるという主訴で来院。レントゲンCTで診断したところ、歯根に亀裂があり、それが原因で歯の根を支える周りの骨が吸収を起こし、残すことは不可能でした。
手術終了後仮歯を入れますので、治療期間中に歯がないことはありません。
被せ物の材質はジルコニアセラミックです。
治療方法 抜歯即時埋入
治療部位 左上2番
メリット スプラインHAインプラントを用いて抜歯即時埋入手術を行うことで、抜歯と同時にインプラントを埋入するため、手術回数を減らし、治療期間を短くすることができます。
デメリット かなり歯根の周りの骨が吸収しているため、術後若干腫れや痛みが出る可能性があります。
治療期間 4カ月
費用 ¥350,000(税抜)
  • 症例1
  • 症例1
症例2
治療内容 以前通院していた歯医者で歯の神経の治療を行い、白い詰め物をして治療は終了していました。
しかし歯の状態はあまり良くなく、以前治療を行った医師からもあまり長くもたないと伝えられました。
知人の紹介で来院され、レントゲンCTで診断したところ、歯根の先端に膿があり、歯の根にはっきりと亀裂が確認され相談した結果、インプラント治療を希望されました。
被せ物の材質はジルコニアです。
治療方法 抜歯即時埋入
治療部位 左下7番
メリット スプラインHAインプラントによる抜歯即時埋入手術のため、チタンインプラントより、約半分の治療期間で治療を終えることが可能です。
デメリット 歯根の周りの骨が吸収しているため、神経に近くなる場合もあります。ただし術中もCT撮影することで、安全に治療できます。
治療期間 5カ月
費用 ¥350,000(税抜)
  • 症例2
  • 症例2

術後の写真で噛み合わせ部分にホールがあります。被せ物はスクリュー固定という構造をしており、メンテナンスや万が一のインプラント周囲炎に対して有効です。ホールは合成樹脂で埋めます。

自分の歯のような咬み心地を取り戻せます診療予約はこちら

まずはご相談ください無料相談・お問い合わせはこちら