左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本

記事タイトル

左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本

1、術前診断、治療計画

50代女性です。

他院で治療中の患者様です。

左下がかなり大きく吸収してます。

インプラントを希望していますが

埋入するだけの神経までの骨の厚みがなく

人工的に顎の骨を再生する処置(GBR)を勧められています。

しかし

その処置を回避してなんとかインプラントを埋入してほしい

いう希望で来院されました。

術前のCT診断の結果は

下顎管神経までが6~7ミリしかありません。

インプラントは長さは10ミリあれば、

大丈夫ですが、

最近では

インプラントの長さが8ミリのショートインプラントも

予後(インプラント手術後の経過)も

遜色ないという結論がでています。

それでも1~2ミリだけ骨の厚みが足りません。

他院で勧められた骨を作る方法(GBR)は

歯肉を切開、剥離する面積も大きくなりますし、

処置の時間も長くなりますので、

術後は痛みがかなり大きくなる可能性が高くなります。

GBRは骨がないところに骨を足すことですが

足した骨は、長期にわたり吸収しやすく残っている確率は

すくないことも分かってます。

さらにこのケースでは

骨の幅ではなく骨の高さが必要で

幅より高さを増やすのはむずかしく

その部分はオトガイ神経が近接しており

神経麻痺に対するリスクも高くなります。

以上のような様々な理由により

「GBRを行い通常の長さのインプラントを用いて

インプラント手術を選択することは困難」と診断しました。

そこで

GBRをせずインプラント埋入が可能なバイコンインプラントを

使用することにしました。

治療計画は

欠損している左下5番~7番に3本バイコンインプラントの

ショートタイプ(長さ5ミリ)を使用します。

このような欠損では2本インプラントをいれて3本ブリッジを

選択する場合もありますが

今回の症例では

バイコンインプラントの原則は

1歯の欠損に対して1本インプラントを埋入すること

であり

3本欠損に対して、3本のインプラントで対応することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本
  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本
  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本

2、インプラント1次手術、2次手術

CT診断と3D画像に基づき

バイコンインプラントのショートタイプ(幅4ミリ、長さ5ミリ)の

インプラントを埋める穴(インプラント窩)を

形成していきます。

通常は規格されたインプラントドリルを使用していきますが

神経までの骨の厚みがないため

ドリルではその神経を傷つける可能性があるので

ピエゾサージェリーという器具を用います。

手術中は

神経までの距離を確認するため

CT撮影を行います。

インプラント埋入後3か月間は

インプラントが被せ物を入れて

噛む力に耐えられるだけしっかり顎の骨と

結合するのを待ちます。

この3か月間は

2~3週間おきに来院いただき、自覚症状の有無、歯肉の状態

さらにはレントゲンの状態を確認し

ペリオテスターという器具で

骨とインプラントが結合していることを確認します。

ペリオテスターで0~マイナス7の値が表示されると

次のステップである

被せ物の製作に進んでいきます。

 

 

 

  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本
  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本

3、被せ物の装着、メンテナンス

数回の試適を行い被せ物の大きさや

高さなどの確認を取り

患者様と一緒に色合わせ(シェードテイキング)を行い

歯の色を決定していきます。

続いて

ジルコニアを材料に使いCAD/CAMで

被せ物を作成します。

特にジルコニアステインは、セラミックの欠点である破折のリスクが

ほとんどありません。

現在インプラントの被せ物は

主にジルコニアが使われています。

審美性にも優れています。

さらにプラークの沈着がほとんどありませんので

口腔清掃もとても便利です。

メンテナンスは担当制です。

毎回同じ歯科衛生士がお口の中の清掃状況をチェックし

清掃が不足しているところは歯ブラシ方法を

再度説明します。

バイコンインプラントの被せ物は他のインプラントと異なり

接着剤は一切使用しませんので

接着剤によるインプラント周囲炎を防ぐことができます。

このように顎の骨が吸収しインプラントを入れるために

GBRを行うことは一つの選択肢であることは

間違いありません。

ただし予後も通常のインプラントとそん色ない

ショートインプラントを用いて

患者様にGBRより痛みや腫れを抑えて

インプラントを行うことも別の一つの選択枝と

考えています。

検査代

CT撮影 12000円+税 

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

治療費

インプラント1本 (35万円+税)×3  

105万円+税

期間

5か月程度

 

  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本
  • 左下奥歯3本欠損部分にインプラント3本