右上奥歯の骨が薄い部位に人工骨を入れてインプラントを埋入

記事タイトル

右上奥歯の骨が薄い部位に人工骨を入れてインプラントを埋入

1、術前診断、治療計画

20代女性です。

ご家族の紹介で来院されました。

右上奥歯が1本欠損しており

インプラントを希望です。

20代となれば

治療方法としては2つです。

インプラントまたはブリッジになります。

ブリッジの平均寿命は約8年

インプラントの平均寿命は20年

といわれています。

清掃や両脇の歯への負担などを考えると

インプラントが最善な方法と思います。

CTで確認しますと

上顎洞まで骨の厚みは5ミリです。

一方使用する

スプラインHAインプラントは

長さが10ミリですので、

約5ミリ骨が足りません。

そこで

ダブルソケットという方法で

上顎洞に吸収性人工骨を填入し

同時にインプラントを埋入する方法を選択しました。

  • 右上奥歯の骨が薄い部位に人工骨を入れてインプラントを埋入

2、インプラント1次手術、2次手術

通法通りに局部麻酔を行い

歯肉を切開、剥離し

歯槽骨の2箇所に、上顎洞粘膜を傷つけないように

ESLという器具で直径3ミリの穴をあけます。

そこから吸収性人工骨を入れ

インプラントを埋入しました。

画像1の説明

黄色い丸印にもう一つの穴を開けます。

ここから人工骨を入れる圧力を逃がして

人工骨が入れやすいようにします。

 

  • 右上奥歯の骨が薄い部位に人工骨を入れてインプラントを埋入
  • 右上奥歯の骨が薄い部位に人工骨を入れてインプラントを埋入

3、被せ物の装着、メンテナンス

骨が足りないため

インプラントを埋入したあと

4ヶ月待ってから、ジルコニアの

被せものを装着しました。

骨の厚みが足りないまたは

骨が柔らかいと骨との結合が

遅くなる場合があります。

このような場合には

感染してない限り骨と結合していきますので

清掃に注意してもうしばらくお待ちください。

この患者様のメンテナンスは

6カ月ごとに行います

担当衛生士が

虫歯の有無、補綴物の破損、

磨き残しのチェックなどを行い

最後にDrが噛み合わせのチェックを行います。

検査代

CT撮影 12000円+税

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

治療費

インプラント1本 35万円+税

期間

4~5か月程度

  • 右上奥歯の骨が薄い部位に人工骨を入れてインプラントを埋入