上の部分入れ歯にインプラント4本

記事タイトル

上の部分入れ歯にインプラント4本

1、術前診断、治療計画

70代女性です。

私の勤務医時代からの患者様で

30年以上治療に通われています。

インプラントオーバ―デンチャーとは

インプラントで入れ歯を支えます。

固定式のブリッジとは違い

入れ歯には変わりありませんので

取り外して清掃することが必要です。

利点としては

▼入れ歯の安定が良くなりますので

よく噛めるようになります。

▼入れ歯の下に食物残渣が入りにくくなります。

▼入れ歯の動きが少なくなりますので

顎の骨の吸収をおさえることができます。

注意点としては

▼メールキャップというインプラントと入れ歯を

つなぐ装置が経年劣化します。

個人差はありますが

半年から1年毎に交換する必要が出てきます。

▼歯茎が痩せて入れ歯との間に隙間が生じたら

その隙間を埋めるリベ―スという処置が必要です。

2、インプラント1次手術、2次手術

この症例では

残せるのは

前歯の3本(画像1 黄色の矢印)だけですから

インプラントは左右に2本ずつ

合計4本埋入します。

その4本はなるべく離し

等間隔に埋入することが理想です。

そうすることにより

より一層入れ歯の安定が向上します。

上顎の場合

欠損している歯の数や顎の大きさなどのより

最大6本インプラントを埋入する場合があります。

今回は

太さ3、75ミリ 長さ10ミリの

スプラインHAインプラントを4本使用しました。

  • 上の部分入れ歯にインプラント4本
  • 上の部分入れ歯にインプラント4本

3、被せものの装着、メンテナンス

入れ歯は

保険適用外の金属床を

使用しています。

インプラントオ―バーデンチャーの利点には

針金がないので、残っている歯に

負担がかかることがありませんし

審美性にもすぐれています。

メンテナンスは3か月毎です。

定期的にレントゲンで

インプラント周囲に炎症が

生じていないか確認していきます。

検査代

CT撮影12000円+税

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

治療費

インプラント1本(25万円+税)×4

100万円+税

金属床

20万円+税

合計120万円+税

期間 6~8カ月程

 

 

  • 上の部分入れ歯にインプラント4本
  • 上の部分入れ歯にインプラント4本
  • 上の部分入れ歯にインプラント4本