左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本

記事タイトル

左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本

1、術前診断、治療計画

40代女性です。

左右の奥歯に

1本ずつ乳歯が残っています。

(画像1の矢印の部分で

この状態を乳歯の晩期残存といいます。)

左下の乳歯は痛みがあり

噛むことができず

前医で抜歯を薦められ

インプラント希望で来院です。

乳歯の晩期残存とは

乳歯は小学校高学年になる

頃にはすべて永久歯に

はえかわりますが

大人になっても

抜けずに残っている状態を

いいます。

その下に永久歯があれば

いいのですが

欠如している場合には

インプラントやブリッジで

処置することになります。


 

  • 左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本
  • 左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本

2、インプラント1次手術、2次手術

乳歯を抜歯して

インプラントを埋入するため

専用ドリルで形成をはじめると

スポンジのように柔らかい骨でした。

このような骨は上顎の奥歯の部分にも

まれにあります。

チタンインプラントの埋入には

ある程度の骨の硬さが必要です。

しかし

HAインプラントは

骨の硬さに左右されない

特徴があります。

今回はその柔らかい骨に

最適なスプラインHAインプラントを

使用しました。

  • 左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本
  • 左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本

3、被せものの装着、メンテナンス

メンテナンスでは

歯科衛生士がインプラントの回りの

清掃が十分にできているか

確認するだけでなく

歯科医が噛み合わせのチェックも

行います。

インプラントは虫歯にはなりませんが

清掃不良や噛み合わせが

適切でないと

インプラントを支える骨が

吸収を起こします。

これは天然歯と同じです。

油断せず毎日正しく

清掃して下さい。

メンテナンスも忘れないでください。

検査代 

CT撮影12000円+税 

その他保険負担金かかります。

相談料 

無料  

治療費

インプラント1本35万円+税 

期間

4~5カ月

 

 

 

 

 

  • 左下乳歯を抜歯するのでインプラント1本