上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例

記事タイトル

上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例

1、術前診断、治療計画

60代男性です。上下総入れ歯です。

下の顎の骨が吸収しているため

奥歯の部分が噛むと時折

痛みが出ることがあり

インプラントを希望されました。

CT撮影した結果

左右の奥歯の部分に

インプラント埋入は困難なため

治療計画としては

前歯の部分に

3本インプラントを埋入し

保険適用外の入れ歯を

使用しているため

入れ歯は作らず

不具合があれば

新しく入れ歯をつくることに

なります。

  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例
  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例
  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例

2、インプラント1次手術、2次手術

静脈内鎮静法を用いて

インプラントを3本埋入します。

インプラントと骨が

結合するまでの2~3ヶ月間は

入れ歯による刺激が

加わると結合しないことも

ありますので

食事や外出の時等をのぞき

なるべくはずしておくことを

お薦めします。

  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例
  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例

3、ロケーターの装着、メンテナンス

インプラント埋入3ヶ月後

骨としっかりと結合していることを

ペリオテスターで確認したあと

インプラントにロケータ―という

装置を取り付けます。

入れ歯でも

メンテナンスは必要です。

気がつかないうちに

歯ぐきが痩せると

入れ歯が動き

それを支えるインプラントに

負担がかかる場合があります。

検査代

CT撮影 ¥12000円+税

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

治療費

インプラント1本(25万円+税)×3

75万円+税

期間 4~6カ月程

  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例
  • 上下総入れ歯の不具合をインプラントで改善した症例