左下一番奥の歯(親知らずの手前)にインプラント1本

記事タイトル

左下一番奥の歯(親知らずの手前)にインプラント1本

1、術前診断、治療計画

40代女性です。

左下奥歯が前医から

歯の根が割れている

可能性を指摘され

知人の紹介で来院されました。

自覚症状はほとんどなく

たまに

歯の内側の歯茎が

一時的に痛みますが

すぐに消失してきました。

CT撮影を行うと

歯の根にヒビが

あることが確認できました。

治療計画としては

歯の根が割れるといずれは

周囲の骨の吸収が進みます。

さらに

歯の根の下にある神経までの

距離もなくなり

難症例になる場合も多々みられます。

今回は

神経までの距離は

ほとんど無いものの

周囲の骨は

しっかりと残っていたため

抜歯即時埋入を選択しました。

インプラントのサイズは

埋入部位や顎の大きさ

歯ぎしりの有り無し

等を考慮して決定します。

今回は

太さ5.0ミリ長さ 10ミリの

スプラインHAインプラントを使用しました。

  • 左下一番奥の歯(親知らずの手前)にインプラント1本

2、インプラント1次手術、2次手術

ゼリー状の表面麻酔を塗布したあと

浸潤麻酔を施し

なるべく周囲の歯肉を

傷つけないように

抜歯を行います。

また

歯の根は破折しているため

感染している歯肉を

しっかりと除去することが

抜歯即時埋入が

成功する条件のひとつです。

インプラントのまわりには

血液が貯まるように

吸収性人工骨を入れます。

インプラント埋入後は

食べ物やプラ―クが

またらないように

清掃には注目が必要です。

 

 

  • 左下一番奥の歯(親知らずの手前)にインプラント1本

3、被せものの装着、メンテナンス

被せものはジルコニアでできています。

技工所さんからは画像のように

噛み合わせの部分に穴があいている状態で届きます。

この穴を利用してネジでインプラントに

被せものを固定します。

そのあとその穴は

合成樹脂で封鎖します。

通常は下顎の抜歯即時埋入には

3か月で骨とインプラントが結合します。

ただし

骨が硬い

炎症の大きい

喫煙等の

条件により

結合するまでの期間が長引く

場合があります。

この症例は5カ月待ちました。

検査代

CT撮影 12000円+税

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

治療費

インプラント1本35万円+税

期間

5~7か月程度

  • 左下一番奥の歯(親知らずの手前)にインプラント1本