歯周病になった上の前歯をインプラントで治療した症例

記事タイトル

歯周病になった上の前歯をインプラントで治療した症例

1、術前診断、治療計画

50代女性です。

上の前歯2本が歯周病で動き

歯並びも悪くなってきたので

見た目の回復(審美性の改善)のために

インプラント治療を希望されました。

CT検査では

歯の根の回りの骨は

歯周病のため大きく吸収しています。

このような炎症がある部位に

インプラントを埋入するような場合は

インプラントの材質を選択することが大切です。

インプラントの材質には

チタンとアパタイトがあります。

チタンでは禁忌ですがアパタイトが適します。

チタンでインプラント手術を行うなら

抜歯して

抜歯した部分が治癒してから

または骨の吸収が大きい場合には

まず骨の再生を行ってから

数カ月後にインプラントを埋入することに

なりますので

治療期間は倍以上長くなることになります。

  • 歯周病になった上の前歯をインプラントで治療した症例

2、インプラント1次手術、2次手術

抜歯を行い

歯周病のため

感染している組織(歯肉や骨)を取り除きます。

そのあとに

スプラインHAインプラントを

2本埋入します。

感染している組織を取り残さず

掻爬することが抜歯即時インプラント手術の

成功の第1条件です。

その回りには骨の再生を促すため

人工骨を入れます。

人工骨を入れると

その分インプラント体の周りに血液が留まりますので

骨の再生が良好になります。

CTでインプラントが

正しい位置に

埋入がされていることを

最終確認できたら

仮歯を装着します。

  • 歯周病になった上の前歯をインプラントで治療した症例

3、被せものの装着、メンテナンス

歯周病がある方は

その菌はインプラントにも

感染するリスクがありますので

毎日の口腔清掃だけでなく

定期的にメンテナンスの

受診が大切です。

インプラントを長持ちさせるには

お口全体のケアが必要です。

当クリニックでは歯科衛生士が

常に8倍の拡大鏡を装着して

メンテナンスを行っています。

これによって裸眼では

見つけにくい歯石や虫歯を

チェックすることができます。

検査代 

CT撮影12000円+税 

その他保険負担金がかかります。 

相談料 

無料 

インプラント2本70万円+税 

期間4~5カ月

 

 

 

  • 歯周病になった上の前歯をインプラントで治療した症例