歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例

記事タイトル

歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例

1,術前診断、治療計画

60代男性です。

右上奥歯のブリッジが

食事中に

動いて

旨く食べることが

できないと

来院されました。

まず

口腔内診査したところ

上下のほとんどの歯が

噛む力が

非常に強いため

すり減っています。

このような

歯ぎしりや食いしばりなど

噛み合わせに悪習癖の

ある方は

インプラントにとっても

悪い条件のひとつです。

悪習癖により

インプラントに

過度の力がかかるため

インプラント周囲の

骨が吸収したり

被せものが

破損することになります。


 
  • 歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例
  • 歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例
  • 歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例

2、インプラント埋入

この症例では

CTで確認すると

骨の厚みは

インプラントの埋入には

十分です。

歯の根が

割れている犬歯には

スプラインHAインプラントを

抜歯即時埋入し

さらに

奥歯に1本

スプラインHAインプラントを

埋入しました。


 
  • 歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例
  • 歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例

3、被せものの装着、メンテナンス

インプラント埋入し

3か月後に上部構造の製作を行い

ジルコニア製の上部構造(スクリュー固定)を装着します。

インプラントが入ることで

よく噛めるようになると同時に

もともと

TCHや歯ぎしりの癖のある方は

従来のように歯がある時と

同じように歯ぎしりが

しやすくなりますので

悪習癖が復活します。

そのため

顎の関節が痛い

お口が開きづらい

お口を開けると音がする

など

顎関節症の症状が

現れることがあります。

自分の噛み癖

硬い食べ物を好む

など

食生活の特徴を

理解し

セルフケアを

怠らないことが大切です。

セルフケアについての詳細は

横須賀市の歯医者なら長島デンタルクリニック「公式」を

ご覧ください。

検査代 

CT撮影  12000円+税 

その他保険負担金がかかります。

相談料 

無料 

治療費 

インプラント1本35万円+税  

ダミー1本15万円+税

合計 

85万円+税  

期間 4~5カ月程度


 
  • 歯ぎしりや食いしばりの非常に強い方にインプラント治療を行った症例