インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例

記事タイトル

インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例

1、術前診断 治療計画

50代男性です。

上の入れ歯の

不具合が気になり

「新しく入れ歯を作りたい」という

希望で来院されました。

上の歯は

左右1本ずつ残っています。

なるべく入れ歯は

滑舌が悪くならないように

なるべく

小さくしてほしいという

希望です。

治癒計画としては

現在

残っている歯は

しっかりしているので残し

インプラントを2本埋入して

2本の歯と2本のインプラント

あわせて4本で

入れ歯の安定を

向上させます。

そして

保険の入れ歯では

強度が不足して

破折する可能性があるため

割れない保険外の入れ歯を

選択しました。

  • インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例
  • インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例

2、インプラント埋入

インプラントの埋入位置は

残っている歯との

バランスが大切です。

なるべく左右対称で

等間隔に

配置できる

埋入部位を

術前のCTで

上顎洞までの骨の厚み等を

参考にしながら

確認しておきます。

  • インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例

3、被せものの装着 メンテナンス

インプラント埋入後

3か月で

骨と結合しますので

ロケーターという装置を

インプラントに装着して

入れ歯の安定が向上します。

このような症例では

通常はインプラントが

4本から6本必要となりますが

自分の歯が

健全であれば

それを

インプラントの代わりに

使用できます。

そして

いずれ抜歯になったとしても

そこにインプラントを追加すれば

修正することになるとは思いますが

入れ歯はそのまま

使うことは可能です。

 

検査代

CT撮影料  ¥12000+税

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

インプラント1本

25万円+税

金属床(自費の入れ歯です)

25万円+税

合計

75万円+税

治療期間

6か月

 

  • インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例
  • インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例
  • インプラントと自身の歯を利用してインプラント義歯を製作した症例