左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例

記事タイトル

左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例

1、術前診断 治療計画

当クリックでは

抜歯の前に

インプラント

ブリッジ

入れ歯

の利点と欠点をご説明し

患者様の希望を伺い伺いながら

患者様の口腔内の状態や

ライフサイクルなどから

最適な治療計画を

提案するようにしています。

50代

男性で

左下奥歯が割れています。

とても炎症が強く

周りの骨も大きく吸収しているのが

CTで確認できました。

下顎管神経にも

その炎症がすぐ近くまで

及んでいるため

まずは抜歯を行い

それから

患者様と

相談した結果

インプラントを

選択されました。

当クリックでは

なるべく

手術回数を少なくするため

スプラインHPインプラントを使い

抜歯即時埋入を行っていますが

今回は

抜歯待時埋入という方法で

手術を行いました。

この方法は

歯を抜いて抜歯した部分の

歯茎が治癒することは

待ってから手術を行います。

そのため

時間はかかりますが

骨が薄い 神経に近いなど

いわゆる難症例に

用いられることが多い

方法です。

また

インプラントの材質がチタンの場合には

4~6か月

抜歯をした部分に

十分な骨の再生を待つ場合が

多いのですが

スプラインHAインプラントに場合には

抜歯後

1~2か月程度で

埋入することが可能ですから

治療期間を短縮することができます。

 

  • 左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例
  • 左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例

2、インプラント埋入

下顎の左右の内側にある

骨の隆起や顎の太さから

食いしばりが強いことが

わかります。

この症例では

インプラントの埋入部位が

一番奥であること

さらに

顎の太さや噛む力を考慮して

太くなるべく長いインプラントを

使います。

サイズは

太さ5ミリ 長さ10ミリです。

インプラントのサイズは

メーカーにより

多少のバラツキはありますが

奥歯は

5ミリ前後の太さの

インプラントを使ったほうが

清掃しやすい形態に

作りやすいと考えています。

 

  • 左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例
  • 左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例

3、被せ物の装着 メンテナンス

体のバランスは

左右が均等であることが

大切です。

お口の中も同様に

なるべく左右が

同じ本数の歯が揃っていることが重要です。

片方だけで噛みつづけることは

顎関節に悪い影響がありますし

女性になると

左右のほうれい線が違うと

気にする方もでてきます。

あとは肩こりや腰痛など

全身的に影響が出てくる場合もあります。

そして

片側で噛み続けることは

インプラント自体にも

横ブレの力が加わり続けますので

いいことはありません。

なるべくなら

左右均等に歯が揃うように

整えることが非常に大切です。

検査代

CT撮影料 ¥12000+税

その他保険負担金がかかります。

相談料

無料

費用

インプラント1本 35万円+税

期間

4~5か月

 

 

  • 左下奥歯を抜歯後1か月で埋入した症例